長い歴史が醸し出す気品が漂う街、目白

JR山手線「目白」駅周辺に広がる目白エリア。江戸時代のこの場所は徳川家の狩猟場として使われ、その周囲には大名や旗本の屋敷が並んでいたそうだ。明治時代以降は、これらの屋敷は華族の邸宅として利用されるようになり、文化人も集まるようになったという。こうした歴史から、目白エリアには今も歴史的な建物や長年にわたって築かれてきた街並みが残されている。「目白文化村」や「徳川ビレッジ」はその代表といえよう。

目白駅

最寄りの「目白」駅は山手線の駅ということもあり、交通アクセスの利便性も良好だ。特に「池袋」駅まで1駅約2分「新宿」駅には3駅約7分と、日常圏内といえる近さだ。「新宿」方面の電車に乗って1駅の「高田馬場」駅からは、東京メトロ東西線に乗り換えできる。東西線は副都心線を除く都内すべての地下鉄路線と接続する便利な路線で、都内各エリアへスムーズに移動できるだろう。

新骨董通り

「目白」駅周辺は、買い物の魅力も満載だ。「目白」駅前の商店街を中心に、こだわりの品を扱うショップや、ハイセンスのブティック、老舗の名店などが並び、ワンランク上の買い物を楽しむことができる。「目白」駅から西側の目白通り周辺には、近年、骨董品店やアンティークショップが集まり、「目白新骨董通り」と呼ばれて注目されるようになった。

西武百貨店本店

さらに、JR山手線を利用すれば、「池袋」駅や「新宿」駅の周辺に広がる百貨店や家電量販店などのショッピング施設で気軽に買い物を楽しめる。

トラッド目白(TRAD MEJIRO)

「目白」駅前には、2014(平成26)年11月に新しい複合ショッピング施設「トラッド目白」が誕生。ここは、スーパーマーケット「クイーンズ伊勢丹」に加え、飲食店なども入り、目白エリアの買い物はより便利になった。

学習院

このエリアは、古くから文教エリアとして発展してきた。今も「目白」駅の東側に広がる「学習院大学」や「川村学園」など多くの教育施設が集まる。特に「学習院大学」は、もともと皇族や華族のための教育機関で、戦後に新制大学となって一般の学生も学ぶことができるようになったという由緒を持つ。ほかにも、長い歴史を持つ「目白幼稚園」など教育施設が多い。

おとめ山公園

「目白」駅周辺には緑に親しめるスポットも多い。「目白」駅の南西側にある「おとめ山公園」周辺は、江戸末期の江戸名所図会に「落合蛍」が描かれるなど、古くから風光明媚な地として知られていたという。

目白庭園

ほかにも、雑木林が残る「下落合野鳥の森公園」や、しだれ桜の名所「東長谷寺 薬王院」、池を配した庭園が美しい「目白庭園」など四季折々の風情を楽しめる場所が多く、このような恵まれた環境を保全する官民の取り組みも続けられている。

JR山手線の駅から徒歩圏内にありながら、緑豊かで閑静な住宅街が広がる目白エリア。この街には、長い歴史を持つ高級住宅地ならではの風格が漂っている。

このページをご覧の方はこんなページもご覧になっています。

目白エリアのおすすめ賃貸マンション・戸建情報ならKENRENT
番町エリアのおすすめ賃貸マンション・戸建情報ならKENRENT

ケン・コーポレーション